写真をかわいく装飾 スクラップブッキング

デジタルカメラやスマートフォンで写真は撮るけれど、ほとんど見返さない-そんな人にお勧めしたいのが、写真をかわいく装飾し、部屋に飾ったり、アルバムに収めたりするスクラップブッキング。

今回はスクラップフッキングの基本的な作り方、楽しみ方などについてご紹介します。

スポンサーリンク


必要な物のはこれだけ

スクラップフッキングに最低限必要な物は六つだけ。
 ・写真
・台紙
・はさみ、カッター
・カッターマット
・のり
・ペン

さまざまな模様が印刷された「パターンペーパー」や無地ペーパー、無地で厚みのある「カードストック」などは、台紙として使うほか、飾りにも活用します。


また、紙や写真をサイズに合わせて真っすぐ切れるペーパートリマーや定規、スタンプ、パンチ、両面テープなどもあると便利です。

ステッカーやマスキングテープなどデコレーションのアイテムは、カラフルで種類も豊富です。

これらのスクラップブッキングで使うアイテムは、ホームセンターや文房具店、写真店、通信販売などで購入することができます。

作ってみよう!

テーマを決める

まず初めに、「運動会」や「紅葉狩り」など作品のテーマを決めましょう。

テーマを決めたら、そのテーマの中で飾りたい写真を選びます。

写真は、そのままの形でもいいですが、必要な部分だけ切り取って使うこともあります。

メインとなる写真以外にも、切り取って素材として使う写真なども選ぶようにします。

使用する写真の枚数は、台紙の大きさ次第ですが、30㌢四方の台紙を使う場合は、2~3枚が目安です。

台紙から選ぼう

次に、テーマに合わせた素材選びです。

まずは台紙から選びましょう。

その後に、飾り付けに使う色紙やステッカーなどの材料を選びます。

テーマに合わせた色や形を選ぶことで、まとまりのある作品になります。

例えば「運動会」の作品には、青空をイメージした青や水色の台紙に雲の形に切った白い紙を貼ったり、「紅葉狩り」の作品なら、赤やオレンジ、茶色をべースに、葉っぱやドングリの形のステッカーなどでデコレーションしたりします。

配置考え下準備

台紙の上に写真を置き、おおよその配置を決めます。

配置も”こうしなければならない”という決まりはありません。


自由にイメージを膨らませましょう。

その上で、悩んだ場合は左右対称に写真を配置することで、バランスの良い作品になります。

また、写真を一回り大きい色紙に貼るなど、メインの素材としての下準備をしておきます。

スポンサーリンク


自由に飾り付け

下準備した写真とパターンペーパーやステッカーなどを、自分がイメージした通りに飾り付けていきます。

思い思いの形に切った、柄の異なるパターンペーパーなどを重ねてみたり、写真の角度で変化を付けたり、写真に写っている余計なものの上に飾りを付けたりと、アイデア次第で自由自在に作品を作ることができます。

写真を貼り付ける際、のりや両面テープを付ける場所は、四隅と中央で十分です。

タイトルを付ける

作品のテーマとなる言葉をタイトルとして付けましょう。

秋のイベントを作品とするときには「Autumn」と入れてみたり、家族写真のときは「Family」と入れてみたり。

アルファベットのステッカーも種類が充実しているので便利です。

スポンジ状の厚みのある両面テープを使うことで、立体的な作品に仕上げることができます。

手書きを添える

写真に関する情報やコメントを「ジャーナル」と呼びます。

これが作品にとって、とても重要なポイントになります。

写真を撮った日付や場所、その時のエピソードなどを記入するほか、写真を選んだ理由や写真に写っている人への思いを書きます。


”字が下手だから、手書きはちょっと……”と思う人もいるかもしれません。

しかし、手書きの字の方が愛情は伝わるもの。

一言でもいいのでぜひ添えてほしいと思います。

プレゼントにも

完成した作品は、パターンペーパーのサイズに合った額縁などのフレームに入れて、部屋に飾ってみましょう。

また、スクラップブッキング用のアルバムもあります。

新しい作品を作るたびにフレームの中を入れ替えて、作品をアルバムに加えていくことで、手作りの作品集になります。

スクラップフッキングの作品は、贈り物としても喜ばれます。

子どもの写真を両親にあげたり、共通の思い出を作品にして友達に贈ったり、送別会のサプライズプレゼントとして用意したり、心のこもった、世界でたった一つのプレゼントを作りましょう。

「クロパ」を開こう!

スクラップブッキングは、1人で作っても楽しいですが、本場・米国では何人かで集まって、それぞれが素材を持ち寄り一緒に作る「クロップパーティー」が人気です。

お茶を飲んだり、おしゃべりをしたりしながらみんなで作品を作る、とても楽しいパーティーです。

女性に限らず、男性も楽しめるイベントです。

ぜひ、今年の思い出を作品にする「クロパ」を開いてみてはいかがでしょうか。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください