サザエさんの隠れた真実とは

日本人であれば、知らない人はいないと思われる国民的アニメといえば
『サザエさん』ですね。

原作の連載が始まったのは1946年なので、2016年は連載開始から
70年に当たる記念する年です。

それを記念して、2015年12月29日には過去の作品(300点)を
厳選した増刊『サザエさん2016』が発売されるなど、原作に注目されています。

原作を読んでみると、なんとそこにはアニメではでは語られていない、衝撃の真実が
存在することが判ります。

サザエさんはなんと、波平の前妻である海原潮の娘で、波平の現在の妻であるフネとは
血のつながりはない!

フネはお見合いで結ばれた波平の2番目の妻で、実家は静岡にあり旧姓は石田。
実際、原作では2人で波平の前妻の墓参りに行く場面があります。
ちなみに、前妻はサザエを産んで間もなく、病気か交通事故だかで亡くなったとか・・・

サザエさんとカツオ、ワカメに年齢差があるのにはこんな真実があったわけです。

スポンサーリンク



さらに原作では初期のタラちゃんは乱暴者という設定でした。
イタズラをして物置小屋に閉じ込められたときに『開けろ! 子供をいじめんな!!』と
2歳児とは思えない暴言をを吐いています。

ちなみに、原作には10年後のサザエ一家を描いたページがあり、そこにはタラちゃんの
妹のヒトデちゃんが登場しますが、アニメでは何年たっても同じ歳なので、登場するのは
難しそうですね。

また、マスオさんは二浪して早稲田卒、アナゴさんは京都大学卒と高学歴!。
実はエリート商社マンだったのですね。

逆に原作には登場していない人物がアニメに登場しているパターンもあります。
波平の双子の兄で髪の毛が2本ある海平がそうです。

原作マンガはけっこうワイルドで、ブラック色が強い内容もありました。
70周年を気に原作の『サザエさん』を読んでみるのもまた新らしい
発見がありそうですね。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください