天空の城ラピュタの豆知識

天空の城ラピュタがを見る前に知っておきたい豆知識を紹介します。

・監督は宮崎駿でスタジオジブリ製作映画の一作品目作品。

・舞台となった年代は劇中で明示されていないが、パズーの父親が撮ったラピュタの写真には
「1868.7」と作品世界の暦による年代らしき数字が印字されている。

・両方とも田中真弓が声優をやっている。
 パズー:「僕は海賊にはならないよ」
 ルフィ:「海賊王に、俺はなる!」

・ラピュタの元ネタは、ガリバー旅行記に登場する空飛ぶ島「ラピュータ」である

・ナウシカに出てきたキツネリスがゲスト出演している。

・登場するロボット兵のデザインは、アメリカのフライシャー・スタジオが1941年に製作
 した連作短編アニメ「スーパーマン」の「The Mechanical Monsters」の回に登場する
 ロボットが元とされ『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』最終話「さらば愛しきルパンよ」に
「ラムダ」という名で 「The Mechanical Monsters」に対するオマージュとして登場させ
 たのち、デザインを変えて登場をさせている。
 作品公開後に宮崎は「何故同じデザインのロボットを2回も使ったのか」という質問に対し
 「ロボットという記号が伝わればいいので、新規にデザインする必要がなかった」といった
 発言をしている。

・ドーラの息子の名前は、シャルル、ルイ、アンリ。

・ドーラがモールス信号を盗聴するときのノートの背表紙は「ANGO」と書かれている。

・若い頃のドーラは、シータに似ている。
 ドーラの寝室には、若かりし頃の肖像画が掛かっています。
 ドーラの言ってることも、あながちウソではないということです。
 シータに貸し出したズボンも、同形です。

・「バルス」(barış/バルシュ)はトルコ語で平和の意味。

・ムスカは、宮崎駿監督が初めて監督を担当したTVアニメ『未来少年コナン』に登場する
 レプカの子孫。

・巨神兵のデザインは、エヴァンゲリオンの監督の庵野さん。

・ラピュタが崩れるところで、落ちていくムスカが描かれている。
 ムスカ:特務機関の大佐でラピュタ捜索隊の指揮官。好智と策謀に長けた野心家のエリート
 である32歳。ジブリキャラで唯一の悪役キャラとの声も高い。

・シータ
 やさしく純粋な心を持つ少女で、見かけより芯は強く、タイガーモス号の台所では山育ちの
 バイタリティーをいかんなく発揮する

・パズー
 鉱山の見習い機械工をして明るくたくましく生きている少年。性格はいたって素直で、機械
 いじりが大好き。12歳という年齢のわりには洞察力にすぐれ、土性骨の太い胆のすわった
 面も持ち合わせている。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください