アイドルの恋愛禁止は違法?

元アイドルグループのメンバーだった女性(23)と
その交際相手の男性がマネジメント会社がに提訴されていた件の
判決が東京地裁で出たようです。



判決によりますと、女性がアイドルグループの一員として活動を始めたのは
19歳だった2012年4月。


翌年の13年12月ごろにファンの男性と交際を開始。


そして、14年7月にはマネジメント会社に辞める意思を伝えて、
予定されていたライブに出演しなかったそうです。




マネジメント会社は女性がファンと交際したのは
「ファンと交際した場合は損害賠償を求める」と定めた契約違反で
「信用を傷つけられ、損害も受けた」として、約990万円の
損害賠償を求めていました。




原克也裁判長は「異性との交際は幸福を追求する自由の一つで、
アイドルの特殊性を考慮しても禁止は行き過ぎだ」と述べ、
会社の請求を棄却しました。


判決は、「ファンはアイドルに清廉性を求めるため、交際禁止はマネジメント側の
立場では一定の合理性はある」と理解を示す一方で、
「異性との交際は人生を自分らしく豊かに生きる自己決定権そのものだ」と指摘。


損害賠償が認められるのは、アイドルが会社に損害を与える目的で故意に
公表した場合などに限られる、と判断しました。



ということは、恋愛禁止でもばれなければOKということですかね。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください