紫外線対策

日光浴は気持ち良いけれど紫外線から肌を守りたい。
しかし、夏になってからでも間に合うと油断していませんか?
実は4、5月も紫外線は強く、早めのケアが必要です。
そこで今回は紫外線対策について、ご紹介します。

スポンサーリンク


5月のUV値は夏と同じ強度

太陽から届く光には、目に見える光(可視光線)のほかに、

目に見えない赤外線や紫外線が含まれています。

紫外線とは地表に達する光の中で最も波長が短いものです。

紫外線は「UV-A」「UVIB」「UV-C」の三つに分けられます。

このうちUV-Cは上空のオゾン層や空気中の酸素に阻まれて地表には届きません。

UV-Bもオゾン層にさえぎられますが、完全にさえぎられるわけではありません。

一方、UV-Aは、その多くが地表に届きます。

このUV-AとUV-Bの紫外線に長い時間当たると、肌などに影響が現れます。

地表に届く紫外線の強さは、時刻や季節、また上空のオゾン量などによって

大きく変わります。

紫外線の強さは、東京、大阪ともに、3月から夏に向けて一気に上がり、

4月の値は暑さが残る9月と変わりません。

また5月は初夏の6月とほぼ同じです。

紫外線は日焼けやしわ、染み等の原因となるばかりでなく、

免疫機能が低下するとの研究結果もあります。

さらに長年、紫外線を浴び続けていると、時には、悪性の腫瘍や、

白内障などを引き起こすこともあります。

しかし春は夏ほど暑くないのが盲点となり、つい紫外線対策を怠りがちです。

紫外線によって肌に起こる代表的な変化が「日焼け」です。

日焼けをするとまず初めに「サンバーン」という肌が赤くなる日焼け(紅斑)が起こります。

これは紫外線を受けて(暴露)から8~24時間後にピークを迎え、

2~3日後に消えますが、紫外線を受けたことで体が反応し、

皮膚にメラニンという色素の沈着を起こします。

これを「サンタン」といいます。

「サンタン」は紫外線を受けてから数日後から現れて、

数週間~数力月後まで続きます。

紫外線の影響は、地域や個人によって異なります。

影響が気になる場合は、日傘や帽子の使用、また、

サングラスを掛けるなどしてください。

〝晴れていなければ対策を講じる必要はないのでは〟と思うかもしれませんが、

薄い雲ではUV-Bの80%以上が透過してしまいます。

また、新雪では地表に届いた紫外線の約80%を反射し、

標高が1000㍍上昇するごとにUV-Bは10~12%増加するともいわれています。

春山スキー等にお出掛けの際は、紫外線対策が必須です。

間もなくゴールデンウイーク。

家族や仲間同士でも外出する機会が増えると思います。

効果的な紫外線対策で春から夏にかけてのお出掛けを楽しんでください。

〈詳細は「紫外線環境保健マニュアル2015」にも記載〉

皮膚が薄い赤ちゃんの散歩時は?

乳児は大人と比べて皮膚が薄く、紫外線による影響を受けやすくなっています。

天気がいい日に赤ちゃんを散歩に連れて行く時は、

日差しが強い午前9時~午後3時を避け、朝夕の比較的涼しい時間に、

薄い長袖を着せて、帽子やベビーカーの日よけを利用しましょう。

なお、外出する時間をずらす、覆いを施すなどすれば、

日焼け止めを使わなくても大丈夫です。

一方、アレルギーなどで食事制限をしている赤ちゃんは、

骨の成長に必要なカルシウムを体に取り込むために必要なビタミンDが不足しがちです。

このビタミンDは日光紫外線でも得ることができます。

「母子健康手帳」には「外気浴をしていますか。

(天気のよい日に薄着で散歩するなどしてあげましょう。)」

と記載されているので参考にしてください。

溶接などの従事者にも対策が必要

紫外線対策は太陽光によるものばかりではありません。

紫外線殺菌灯下での作業や遺伝子検査作業、また、

日焼けサロンや、アーク溶接・溶断作業でも紫外線対策が必要とされています。

特にアーク溶接・溶断作業はUV-A、UV-Bに加えて、

通常は地表面に届かない、エネルギーの大きなUV-Cも含まれています。

発生する紫外線で「電気性眼炎(角膜炎)」を起こす危険性があります。

ビタミンDとの深い関係

紫外線とビタミンDとは深い関係があります。

ビタミンDは、腸からのカルシウム吸収を2~5倍程度増加させます。

そのため、ビタミンDが欠乏すると、成人では骨軟化症を起こしやすくなってしまいます。

この時、紫外線を浴びることで体内でビタミンDがつくられます。

しかし、紫外線を浴び続けると日焼けや皮膚がんなどのリスクも増してしまいます。

一日に必要なビタミンDを産生するのに必要な日光浴の量を計算すると、

皮膚の25%(顔と両腕に相当)を日焼け止めをせずに露出して、

東京都心で8月1日の昼ごろ、雲が少しある晴れた日に3分間外出する時間に相当します。

普段の生活をしていれば、夏ならば1日に約5分、

春ならば1日に約10分日光を浴びれば必要量を確保できます。

ビタミンDはまた、ウナギのかば焼き、サケ、サンマ、ヒラメなどの

魚介類を摂取するごとでも必要量を満たすことができます。

スポンサーリンク


外出時のポイント

日射が強い時間帯を避ける

・庭掃除、買い物のタイミングを工夫

紫外線は、太陽高度が大きい正午前後が最も強くなります。

そのため、庭掃除は朝のうちに行ったり、

買い物は夕方になってから出掛けたりするなど、

紫外線が強い時間帯である午前9時から午後3時を避けることも一つの方法です。

人間か一生に浴びる紫外線量は、午前9時から午後3時の間に

浴びる紫外線量と比例しているともいわれます。

気象庁では、翌日にかけての晴天時紫外線量を予測しているので活用してください。

衣服で覆う

・袖が長く、襟が付いたもので肌を保護

顔の紫外線対策はバッチリでも、その他の露出している部分は

十分な対策を講じていないことが多いもの。

袖が長く、また襟が付いたシャツを着用するなど、

体を覆う部分が多い衣服の方が、首や腕、肩を紫外線から守ってくれます。

ただし、春のうちは袖の長い服を着ることはできても、

夏になると通気性や吸湿性などとの関連で、着用が困難な場合も。

そうした時は、日焼け止めクリームの使用と帽子を

かぶるなどの対策を組み合わせましょう。

皮膚に到達する紫外線を減らすには、

織り目や編み目の細かい生地を選ぶといいでしょう。

日傘、帽子の活用

・時間やシーン別に使い分ける

日差しが強くなってきた時の外出に、日傘の利用も効果的。

雨用の傘に、紫外線を防ぐ「UV加工」を施した傘は、

雨の日には雨傘として、晴れた日には日傘として使用できます。

また、帽子は直射日光をさえぎってくれます。

ただし、目に入るのをさえぎることができる紫外線量は

全体の即べくつばの広い帽子がいいでしょう。

自転車で外出する場合は、傘を使えないため帽子をかぶり、

横方向から日が当たる朝や夕方に歩く場合は日傘を利用するなど、

シーン別に使い分けたいものです。

サングラスを掛ける

・目に入る量を約90%遮断できる

紫外線を過度に浴びると、目にも障がいが発生する場合があります。

そのため近年、紫外線から目を守ることに関心が向けられるようになりました。

サングラスや紫外線をカットする眼鏡を適切に使用すると、

目に入る紫外線を約90%遮断できます。

しかし、太陽光は正面方向ばかりではなく、上や下、

側面からも目に入ってくるため、顔にフィットした、

ある程度の大きさを持つサングラスや眼鏡を掛けると効果が大きくなります。

また、こめかみは紫外線によると見られる皮膚がんが比較的発生しやすい部位。

大きめのサングラスなどでガードしましょう。

日陰を利用する

・〝日よけルート〟を検索するアプリも

外出した時は、強い日射を避けて、日陰を利用するのも効果的です。

日なたに比べて日陰は、紫外線量が約半分になるともいわれています。

ただし、紫外線は太陽から直接当たるものばかりではありません。

空気中で散乱したものや、地面、建物から反射したものもあることを

忘れないようにしましょう。

最近は、行き先まで日陰を選択して通る〝日よけルート〟

を検索するスマートフォンアプリ(東京23区限定)もあります。

日焼け止めを上手に使う

・2、3時間置きに塗り直すなどで効果

顔や手など衣類で完全に覆うことが難しいところは、

日焼け止めクリームを上手に使うことで防げます。

使用に当たっては説明書をよく読むことが基本。

腕や足など広範囲に使用する場合は、手のひらでらせんを描くように伸ばすと、

均一でむら無く付けることができます。

日焼け止めの効果は、UV-Bを防ぐ指標である「SPF」と、

UV-Aを防ぐ指標である「PA」とて示されます。

散歩や買い物などの日常生活ではSPF10~20、

PA+~++前後の日焼け止めで大丈夫ですが、

屋外での軽いスポーツやレジャーなどの活動では、SPF20~30、

PA++~+++前後の日焼け止めを使用しましょう。

炎天下でのレジャーやマリンスポーツ、また、紫外線に敏感な方には、

さらに値が大きいSPF40以上、PA+++~++++の日焼け止めが必要です。

なお、日焼け止めは汗をかいたり、タオルで拭いたりすると落ちてしまいます。

そのため、落ちたと思ったらすぐ塗るか、2、3時間置きに塗り直すことをお勧めします。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください