清原ついに逮捕・・・

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が警視庁に逮捕されました。

容疑は覚醒剤を所持していたとする、覚せい剤取締法違反の疑いです。

最近、Xデーが近いのではと報道もされていましたが、本当に逮捕
されてしまいました。

若い人は当然知らないでしょうが、清原容疑者は新人類と呼ばれた
同年代の自分にとっては、スーパースターでした。

PL学園時代に桑田真澄氏とのKKコンビで甲子園を沸かせ、
5季連続で甲子園に出場し、今でも甲子園通算最多本塁打記録である、
甲子園通算13本塁打を放ち、1年夏と3年夏の2度優勝し準優勝も2回しています。

1986年にドラフト1位でプロ入り後は西武、巨人で10回のリーグ優勝、
8回の日本一に貢献しました。

2004年に通算2000安打を達成し、08年にオリックスで現役を引退しました。

プロ23年間で2338試合で2122安打、525本塁打、1530打点の
通算成績を残すも、タイトルとはあまり縁がありませんでした。

しかし、プロ野球歴代1位記録(2015年時点)を挙げると

通算196死球
通算1955三振
21年連続シーズン2桁本塁打(入団1年目からの記録としては1位)
13年連続シーズン20本塁打(入団1年目からの記録としては1位)
通算サヨナラ安打20本
通算サヨナラ本塁打12本
通算サヨナラ満塁本塁打2本(両リーグサヨナラ満塁本塁打は清原だけ)
1試合8打点以上を3度記録
223人の投手から本塁打を放つ
日本シリーズ通算54三振
最年少100号本塁打(21歳9ヶ月)
最年少150号本塁打(22歳11ヶ月)
最年少200号本塁打(24歳10ヶ月)
新人最多本塁打31本
高卒新人最高打率.304
高卒新人最高打点78
オールスター通算打率.365(100打席以上)
オールスター通算打点34
オールスター通算最多塁打96
オールスター通算得点26
オールスター通算三振40
オールスターMVP7回
オールスター最年少本塁打(18歳11ヶ月)
オールスター最年少MVP(18歳11ヶ月)

などがあり、正に記録よりも記憶に残る華のある選手でした。

昨年8月28日に放送されたテレビ番組では、自身の薬物疑惑について
「(薬物を使用したことは)ないですよ」と全面的に否定していたその言葉を
信じたかったですが・・・。

ただ残念の一言です。

ちなみに、清原容疑者の薬物疑惑の第一報を報じたのは
2014年3月に『週刊文春』だったみたいですね。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください