ポケモンGOが話題ですが

最近やたらと、ニュースで取り上げられている

『ポケモンGO』とやらですが・・・・。



ポケモン世代でもなく、子供もいない自分には

さっぱり・・なのです。



なんかゲームっぽいものだというのは


うすうす察してだりしますが、その実態は不明!



そこで・・・・!


中高年の為の『ポケモンGO』講座



「ポケモンGO」というのは、簡単に言うと位置情報を使って

現実の場所でポケモンを捕まえたり戦ったりするゲームのようです。



欧米などでは2016年7月6日から公開されているのですが、

なんと!これだけ騒ぎになっているのに日本ではまだ公開されていない?!

という事実が判明しました。



現在日本では2016年7月末までの公開を目指しているみたいですが、

正式発表はまだの様です。



日本で公開されたら、いったいどんなことが起こるのか

ちょっと怖い気もしますねぇ。



今のところ「ポケモンGO」は、AndroidとiOSでサービスで、

(今後ゲーム専用機でも公開されるみたいです)

基本的に無料で遊べて、アイテム課金有りのサービス

ということで、無料スマホアプリゲームみたいな感じなんですね。



遊び方は、実際の地図上の、公共施設等にポケモンを捕まえる為の

”モンスターボール”なるものが配置され、実際にその場所に行くと

手に入れることができるとのこと。



そして、スマホのカメラを覗きながら外をウロウロしていると

ポケモンと遭遇!したら、”モンスターボール”でポケモンを

捕まえるというゲームなんだそうです。



なるほど・・・それで、事故が多発している訳が判りました。



「ポケモンGO」プレイ中に、<運転手が木に激突>

<少女が車にはねられる><崖から落ちる>

<女性キャスターが放送中のカメラの前を横切る>

とか、いくらゲーム好きといってもチョットほどがあるんじゃない?

と思っていましたがそういう事だったんですね。





でも、これって今社会問題にもなっている歩きスマホを

助長しているという事で、日本で公開前にクレームとか

入らないのでしょうか?





実際に中国では「軍事拠点が分かってしまう!」との理由で

「ポケモンGOは日米合作の中国侵略ソフトだ」とで大騒ぎに

なっているみたいですしね(中国らしい騒動だなぁ)。





まっ、ゲームしない自分にはどうでも良いことですが・・。





良い意味でも、悪い意味でも世界的にブームを巻き起こしている

「ポケモンGO」という事で、任天堂の株価がうなぎ上りのようです。

自分としてはそちらのゲームの方に興味が惹かれますね。





そしてゲーム本体が話題になっている影で、ひそかに熱を
帯びている物があります。



それは、モバイルバッテリーです。



如何せん、このゲームは長時間外で行うゆえに

バッテリー切れ問題は、避けられないのです。



なので、スマホ本体のバッテリーじゃ全然話にならんので

別途、小さくて大容量のバッテリーが必須アイテムになるんですね。



なんか、最近やたらモバイルバッテリーの広告が

目に付くなと思ったらこれが原因だったんですね、

これもなっとく!





そんな感じで、日本では「ポケモンGO」の公開を

静かに待ち受けている感じですが、実際公開されたら

ひと悶着あるのは必至な感じですね。



ポケモン多発場所で規制の条例とか法律

が制定されたりとかなったりして・・・。



なにはともあれ、大きな事故とか起こらないで

楽しく遊んで欲しいですけどね。。。




記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください