参院選って何?いまさら聞けないのでおさらい!

参院選が22日公示されました。

18歳以上の選挙権が認められてから始めての選挙となり
注目されていますが、改めて参院選のをおさらいしてみます。

参議選って、参議院議員通常選挙の略ですね。
任期6年で、3年ごとに半数づつ改選されます。

これに対して衆議院は任期4年でおまけに首相のきまぐれで解散させられたりもするから
頻繁に入れ替わるため、国民の意思を敏感に汲み取ることができます。
(短期的な視点での運営になるという欠点もありますが)
そのため、衆議院は参議院に対する優越が認められています。

具体的には、参議院で否決された法律案(又は修正議決された法律案の原案)が
衆議院で3分の2以上の多数で議決される。

参院が一定期間議決せず、自然成立になる。

などがあります。

参議院選挙のしくみ

参議院選挙は各都道府県の区域を選挙区の単位とした「選挙区選挙」と、
全国を単位とした「比例代表選挙」があります。

有権者は「選挙区」と「比例代表」それぞれに投票するため、
1人が「2票」投票することになります。

参議院選挙の投票方法

「選挙区」は
あなたの選挙区の「候補者名」
を書いて投票します。

「比例代表」は
各政党の名簿に登載された「候補者名」
または「政党名」を書いて投票します。

※「がんばれ!」や「ハートマーク」など
他事を記載すると無効票になりますので、
ご注意ください。

比例代表の当選人の決め方

参院選比例区は「非拘束名簿式」で行われます。
この方式では、各政党が当選順位をつけない候補者名簿を作成します。

その名簿に載っている「候補者名」の得票数と「政党名」の得票数を合計した
総得票数に応じて改選議席(48)が配分され、各政党の議席数が決定します。
その上で各政党の当選者は、候補者名での得票数が多い順に決まります。

大事な1票です。
世間の風潮や一部の論評に惑わされずに、自分の目でしっかりと判断して
1票を投じたいですね。

投票日は、7月10日。
期日前投票は6月23~7月9日までです。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください