「正しいお手入れをご自宅で 毎日続けること」これが 育毛の重要なポイントです。

自宅でのヘアケアのために心がけたいこと

●規則正しい生活のリズムを守る。
●パランスのとれ/こ食事を心がける。
●適度な運動と十分な睡眠時間をとる。
●正しい洗鰻と髪の乾かし方を知る。
●効果的なマッサージを行う。
●自分に合った育毛用を便用する。

スポンサーリンク


プレトリートメント

基本的なシャンプーの手順を知りましょう。
ヘアケアの基本は、いつも頭皮や髪を清潔に保つこと。
そのために毎日のように行いたいのがシャンプーです。

少なくとも、2日に一度はシャンプーしてください。
①あなたの頭皮環境を考え、頭皮タイブ1こ合わせてシリーズごとにシャンプーを選択します。
②まず、髪の汚れを軽くり落とすために、シャンプーを軽く泡立てて流します。
③2回目のシャンプーは、地肌の汚れを十分に取るために、指の腹でマッサージするように洗ういます。
この時、注意したいのは、力を入れ過ぎり、爪を立てたりしないこと。
④すすぎは温水を使い、しつこいぐらいこしっかりと行う。シヤンプー剤が残っていると、汚れもつきやすく、カプレの原因にもなりかねません。

シャンプー

まず頭皮の汚れを取り除きやすい状態にする。
プレトリートメントとは、シャンプー前に行うトリートメントで、シャンプーの負担から髪を守るだけでなく、シャンプーだけでは洗い落とせない角質や毛穴の老廃物を柔らかくし、浮き上からせ、取り除きやすい状態にするのが大きな目的です。
トリートメント液が目に入らないように、あらかじめ額にタオルを巻く、直接頭皮につけてください。
そして塗布後しばらくしてからシャンプーするようにしてください。

シャンプー後は、必ずコンディショナーを

洗髪した後の髪は、頭皮や髪の保護に必要な脂分も洗い流されています。
これをそのまま放っておくと、髪がパサついたりツヤがなくなったりします。
そこで、シャンプーの後、必ず行いたいのがコンディショナー。
髪に適度な栄養を与えなから薄い皮膜をつくり、静電気が起こるのを防いでホコリを付きにくくし、しっとりとしなやかな髪に仕上げます。
①コンディショナーは髪の長さや量により、使用量を調整します。
②毛先から頭皮全体にまんべんなく行き渡るようにします。
③たっぷりのぬるま湯で、地肌からていねいにすすぎます。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください