かかとのゆがみ解消法!

かかとは体を支える士台。
だからこそ、かかとがゆがむと、
全身にさまざまな影響が出てきます。

そこで今回は、かかとのゆがみを
チェックする方法から、
矯正するストレッチをご紹介します。

まずは靴をチェック!

かかとのゆがみは、
普段の姿勢や歩き方などの
習慣によって起こるもの。

とはいっても、
「かかとがゆがんでいるかどうか分からない」
という人がほとんどではないでしょうか。

簡単なチェック法があります。
それは、いつも使っている
靴の底を見ることです。

かかとの外側が減っている人は、
かかとが内側にゆがんでいる状態です。

特に、猫背の人、がに股で歩く癖のある人、
O脚の人などに多く見られます。

一方、かかとの内側が
減っている人は、
かかとが外側にゆがんでいる
状態といえます。

内股の人やX脚の人、
外反母趾で悩んでいる人に多いようです。

かかとゆがみ解消で頭痛や肩凝り、腰痛の改善も

「たかが、かかと」
と侮ってはいけません。

人の骨格は一部がゆがむと、
全体のバランスを保とうと、
ゆがみが波及していくものなのです。

ましてや、歩行を支える
かかとのゆがみは″諸悪の根源″
といえます。

かかとのゆがみを矯正することで、
さまざまな効果が期待できます。

慢性的な膝の痛みの緩和をはじめ、
O脚・X脚の改善、
足のむくみや疲れの解消も期待できます。

全身に広がったゆがみの連鎖が
解消することで、
頭痛や肩凝り、腰痛から解放される
というケースも少なくありません。

正しい歩き方にも注意を

かかとのゆがみを解消するために、
毎日5分間でできる「かかとストレッチ」
を試してみてください。

最初は、かかとの動きが
感じづらいかもしれませんが、
続けているうちに
分かるようになってきます。

また同時に、歩き方の悪癖を
直すことも重要です。

歩くとき、次の3点に
注意してみてください。

いずれも意識していないと、
意外とできていないものです。

・歩幅を広く、大股で歩く。
・かかとから地面に着き、
親指の付け根でしっかり
蹴り出すように前に進む。
・腕は真後ろに引き、
振り子のように前後に手を振る。

ストレッチと正しい歩き方を
心掛けることが、生涯、
生き生きと歩き続けられる
体づくりの第一歩になるはずです。

1日1回かかとストレッチ

かかとストレッチは、
椅子に座って行います。
このとき、あまり深く
座らないようにしましょう。

左膝の上に右のかかとを乗せ、
ステップ1~5を、
片足ずつやりましょう。

1日1回でも、毎日続けることで
効果が出てきます。

ただし、痛みがある場合は、
ただちにストレッチをやめてください。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください