怒りと上手に付き合おう 体操や「6秒待つ」が効果的

「アンガーマネジメント」という言葉をご存じでしょうか。

心の中の怒り(アンガー)をコントロールする方法です。

子どもたちにも知ってもらおうと、「日本アンガーマネジメント協会」

代表理事の安藤俊介さんが小学校で、その教育活動を行っています。

学校で子どものけんかが増えているとの調査結果もあり、関心が高まりつつあります。

スポンサーリンク


ピークは6秒間

アンガーマネジメントは怒りを我慢することではありません。

人間の怒りの感情のピークは6秒間とされる。

そこをやり過ごして、感情的な行動を抑えるのが目的です。

同協会によると、方法は

①六つ数を数えて6秒間待つ

②手の平をにぎったり開いたりを6秒間くり返す

③6秒間何も考えない

ーーーなどを行うこと。

頭のてっぺんや背中のツボを軽くたたいてストレスを和らげたり、

怒りを体から押し出すように動いたりする「怒らない体操」の普及を進めています。

東京都世田谷区立中町小学校で6年生を対象に開かれた実演会で安藤さんは、

約60人を前に「怒るのは自然なので、怒ってもいいんだよ」と強調。

その上で①他人を傷つけない②自分を傷つけない③物をこわさないーーー

の「三つのルール」を守ることが大切だと説明しました。

実演会を終えた男児(12)は「体操が楽しかった。これからもやりたい」と。

「弟とけんかになるといつも自分だけが怒られる」と不満を漏らす女児(12)も

「6秒は長く感じるけど、がんばってみる」と前向きに捉えています。

怒らない子どもたち

文部科学省は昨年10月、2016年度の全国の小学校における暴力行為の数を、

前年度より約5700件増の約2万2800件と発表しました。

件数は年々増えており、学校が小さなことも報告するようになったことも

背景にあるとみられますが、「自分の意思を言葉で表現できない」

「感情をコントロールできず、つい手が出てしまう」との報告も上かっています。

子どもたちが怒りっぽくなっだのではなく、感情をうまくコントロールできないのが

原因ではないかと安藤さんも感じています。

「学校や保護者と接すると、『子どもがあまり怒らなくなった』という声をよく聞く」。

感情をためこんでしまう子どもが多くなっているそうだ。

安藤さんは「『三つのルール』を守れるのなら、相手に言い返してもいい」とした上で、

「『怒らない体操』はどれか一つだけやっでもいい。楽しみながらやってください」

と話しています。

アンガーマネジメント
1970年代に米国で始まった心理トレーニング。
自分の怒りの元が何で、どこにあるのかを知り、上手に付き合う方法を学ぶ。
怒りの感情をコントロールできるようにして、衝動的な行動をなくすことで、
感情を豊かにし、良好な人間関係を築けるようにするのが目的。
当初は家庭内暴力への対処法などとして利用されていたが、現在は企業研修や教育現場、
スポーツ選手や政治家などにも広まっている。
記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください