梅雨の時季をやわやかに過ごす、家の中のニオイ対策

梅雨の時季は湿度が高く、カビが発生しやすくなります。

数日留守にして帰宅すると、部屋のニオイが気になる--
なんてことも。

そこで今回は「家の中のニオイ対策」についてご紹介します。

水回りは要注意!

家のニオイで一番気を付けたいのは、
台所、浴室、洗面所など排水口がある所。

ヌメリからニオイが発生します。

パイプ洗浄剤だけでは落としきれないこともあるので、
使用後は水を流し、排水口専用の長いブラシで
届く限りの所まで汚れを落としましょう。

100円均一ショツプには、
ピンポイントに使える便利グッズがたくさんあります。

特にトイレのブラシ類は、
衛生面から頻繁に替えた方がいいので、
100円の使い捨てで十分。

温水洗浄便座(シャワートイレ)の
「ノズル専用ブラシ」などもあります。

梅雨前は大掃除にオススメの時期です。

年末のように寒くないので、
外に出やすく体も動きますし、
何より梅雨前に家中のそうじを丁寧にしておくと、
カビやニオイの発生が全く違います。

カビの原因は、湿度、温度に加えて雑菌やホコリなど。

布製品には目に見えないカビが発生していることもあり、
そうなると健康にもよくありません。

ぜひ、今、気になるところから手を付けましょう。

できれば除湿器が1台あると、
どこにでも移動して使えるので、
かなり便利です。

気持ちのいい住まいは″ちょっとした工夫″から。

コツを押さえれば、いい状態を楽にキープできます。

台所・トイレ・バス

大前提……水回りは清潔に、ぬれたままにしない。

生ごみはよく水を切って捨てる。

●一日の最後に水を流す

台所仕事やお風呂の後、10~20秒、水を流します。

排水トラップなどにたまる水をキレイにすることで、
夜中の雑菌繁殖を抑え、ニオイを防ぎます。

●生ごみには酢をスプレー

スプレーに扉を入れておき、かけてからごみ箱へ。

酢は砂糖など他の成分が入っていないものを。

●気になるなら生ごみを冷凍

生ごみも元は食べ物。調理直後に水を切り、
ビニール袋に入れて冷凍すれば、絶対臭いません。

冷凍室に生ごみ専用エリアをつくり、カゴを置くとよいでしょう。

●冷蔵庫の中はカゴ使いが便利

冷蔵庫の中はアルコールスプレーやシートを使って清潔に。

「調味料セット」「バター、ジャムセット」など、
グループ分けしてカゴ収納すると、出し入れや掃除が楽です。

扉の開閉時間も短くなり節電にも!

●トイレ・浴室は小まめに掃除

この時期は菌が繁殖しやすいので、小まめに掃除を。

浴室は乾燥させるのがポイントです。

服・洗濯物

大前提……干などで湿った服を洗濯機の中に放置しない。

部屋干しは”少しでも早く”乾かす。

●洗濯槽は2~3週間に1回洗浄する

洗濯槽の汚れやカビが服に移り、
部屋干しで雑菌が繁殖して臭うケースがほとんど。

洗濯槽の洗浄と、洗濯後はふたを数時間開けて
乾燥する習慣をつけましょう。

●脱いだ服の置き場所も大切

すぐに洗濯しない場合は、
汗で湿った服を洗濯機の中に入れておくと
カビが生えることも。

通気性のよいカゴに入れたり、
ハンガーにかけて乾かすなど工夫を。

●臭うなら漂白剤や煮る裏ワザも

色柄モノの服は酸素系か酵素系漂白剤で脱臭を。

液体がオススメです。ニオイが気になる体操服など、
綿100%で白い服なら鍋で煮るのも手。

沸騰したお湯で5~10分煮て、水洗いします。

布用の除菌・消臭スプレーを使う場合は、
干す前のぬれている時に使うのが効果的です。

●外出先でついたタバコのニオイなど
霧吹きなどで1回ぬらして消臭スプレーを
してからアイロンをかけるか、
消臭スプレー後にスチームアイロンを。

ぬらせない服はクリーニングヘ。

●間隔を空けて風を当てて干す


部屋干しは間隔を空けて、早く乾かすことが重要。

バスタオルはキッチリ重ねず、ずらします。

ジーンズは履いた状態のような筒状で干すこと。

扇風機や除湿器を使うと、乾く時間は半分ほどに。

ニオイを消そうと柔軟剤を大量に使うのは、
乾きにくくなり逆効果です。

寝室・リビング

大前提……エアコンのフィルターは、
2週間に1回くらい掃除機でホコリを取る。

●カーテンを洗うなら梅雨前に
湿度計をチェックし、
エアコンや除湿器で部屋の湿度を下げることが大切です。

湿度が高いと、カーテンやカーペットに
カビが生える可能性が。

梅雨前にカーテンを洗い、カビの原因となる
雑菌やホコリを取りましょう。

●床にモノを置かない
床に新聞や雑誌を置くと、
その下に湿気がたまりニオイの元に。

台所や浴室もボトルを置くと、
下がヌメってきます。

臭わせず気持ちいい状態をキープするには、
無駄なモノを減らして整理すること。

収納しやすい環境をつくることが大切です。

●エアコンの使い方にー工夫
冷房や除湿の後は中に水が残る場合があるので、
必ず送風か温度を下げた暖房を定期的にかけましょう。

カビを防ぐ機能が付いたエアコンなら、それを使用します。

●カーペットやベッドマットの湿気に注意

カーペットやベッドマットの下には除湿シートを。

定期的にベッドマットにも除湿器を使いましょう。

玄関・クローゼット

大前提……その日履いた靴や雨でぬれた靴は、
すぐ靴箱に入れず、
1日以上は出しておき乾かすこと。

●湿気をためない工夫を

靴箱やクローゼットなど閉め切る所に湿気は大敵。

新聞紙を敷いたり筒状にして置くと除湿効果が。

長期間留守にする時は、
スライド式扉なら両サイドを3~4センチ開けるなど工夫を。

●扇風機または除湿器を使う


1週間に1回は扇風機で風を送って湿気を追い出すか、

除湿器で除湿を。

水がたまるタイプの除湿剤や備長
炭なども湿気やニオイを取りますが、量的にはごくわずか。

除湿器がオススメです。

●防水スプレーを活用する

運動靴や傘に防水スプレーをしておくと、
コーティングされ、ぬれにくくなるので、
ニオイ防止にもなります。

1回目が乾いた後、
もう1回スプレーするとさらに効果がアップします。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加