花粉症 根治の可能性ある「免疫療法」

日本人の約4割に症状があるといわれる「アレルギー性鼻炎」。

中でも「花粉症」は、著しく有病率が増え続けていますが、その治療法として免疫療法が注目を集めています。

スポンサーリンク


小児の発症数も増加

「アレルギー性鼻炎」は、「通年性アレルギー性鼻炎」と「季節性アレルギー性鼻炎」に分けることができます。

「通年性アレルギー性鼻炎」の原因(アレルゲン)となっているのは、主に「ヤケヒョウヒダニ」「コナヒョウヒダニ」といったダニで、その他に動物の上皮やカビなどがあります。

学童期に多く発症し、女性よりも男性が多いのが特徴です。

もう一方の「季節性アレルギー性鼻炎」が、いわゆる「花粉症」です。

原因として特に多いのがスギ花粉で、2~3月が発症のピークになります。

その他、特に6~7月ではイネ科やキク科の植物の花粉が原因の場合もあります。

こちらは女性の方が多く、20~30歳代が好発年齢とされていますが、小児での発症も珍しくなくなってきています。

例えば、1992年には約18%だった小学6年生の有病率は、2012年には約32%という調査結果があり、発症が低年齢化していることが分かっています。

戦後にスギの植林が進んだこともあり、花粉の飛散量が増えたことや私たちの体質の変化によって、有病率が増えていると考えられます。

生活の質が著しく低下

花粉が人体に入ってくると、免疫機能で花粉を異物と認識し、「lgE抗体」が作られます。

この抗体が、免疫に関係する「マスト細胞」と結合した状態の時、再び花粉が入ってくると、マスト細胞からはヒスタミンなどの物質が放出され、知覚神経や毛細血管を剌激します。

その結果、主な症状である、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが起こるのです。

加えて、症状がひどくなると、夜間に睡眠が妨げられるだけでなく、薬剤の副作用などで日中に眠気が増加するなど、睡眠にも影響することかあります。

結果として、患者さんのQOL(生活の質)は著しく低下してしまいます。

しかも、自然に改善することが少ないので、一度、発症して症状が強くなると、長期に渡って薬を服用する必要があり、医療費もかさんでしまいます。

また、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などがある人は、花粉症を合併しやすく、症状が悪化することもあります。

症状に合わせた薬を選択

治療の開始に当たっては、原因を確認することが必要です。

その上で、花粉症であれば、原因物質である花粉への暴露を少なくするために、マスクや眼鏡を着用したりします。

外出時は、ツルツルした素材の衣服を着用するようにし、十分な手洗いや洗顔、うがいで、室内・体内への花粉の侵入を防ぎます。

そうしたセルフケアで十分に症状が改善しない場合、薬物治療がメインになります。

かつてと比較すると、眠気が強くなるなどの副作用が少なく、かつ、服用回数も少ない薬剤が多く開発されています。

薬剤は、強く出ている症状に合わせて選択されます。

くしゃみや鼻水であれば、ヒスタミンを抑制する「抗ヒスタミン薬」や、マスト細胞からヒスタミンが放出されるのを抑制する「ケミカルメディエター遊離抑制薬」が用いられます。

また「局所鼻噴霧用ステロイド薬」を使うこともあります。

鼻づまりであれば、「抗ロイコトリエン薬」で鼻づまりの原因物質を抑え、目のかゆみは、抗ヒスタミン作用のある点眼薬を使います。

一般的には、こうした薬剤を組み合わせて症状のコントロールを行います。

薬物治療で鼻の症状が改善しない場合、鼻の構造に異常がある場合がありますので、一度、専門医の診断を受けることをお勧めします。

その他、レーザーで鼻の粘膜を焼くことで、スギ花粉による症状を軽減させる「鼻粘膜焼灼手術」も検討されます。

ただし、レーザーでの手術を行っても、粘膜は再生しますので、再発の可能性もあります。
効果も患者さんによって異なります。

スポンサーリンク


7割以上が効果に満足

こうした対症療法に対し、スギ花粉症の根治治療として期待を集めているのが、「アレルゲン免疫療法(減感作療法)」です。

以前は「皮下注射免疫療法」といって、希釈した原因抗原エキスを、少しずつ濃度を上げながら皮下投与する方法がメインでした。

治療開始から約4ヵ月間は週2回、その後は1ヵ月に1回の投与で、治療期間は少なくとも3年は必要です。

注射の痛みや通院など、患者さんの負担があります。

また、非常にまれではありますが、ぜんそく発作などアナフィラキシーショックが起こることがあるので、注意が必要です。

2014年からは、「舌下免疫療法」が保険適用となりました。

これは、スギ花粉の抗原エキスを、1日1回、舌の下(裏)の粘膜に入れて投与するものです。

長所としては①自宅での投与が可能②痛みがない③重篤な副作用が激減-などがあります。

症状が軽減し始めるまでは2ヵ月程度かかり、最低2年間、できれば3年程度は投与を続けます。

経過観察のため、治療開始後は1ヵ月に1回の通院が必要です。

ごくまれに、口のかゆみなどの副作用が出る場合があります。

また、エキスは必ず冷蔵庫に保管してください。

この療法は、全ての人に効果があるわけではありませんが、治療を受けた多くの人は症状が改善し、7割以上の人が治療に満足しているという調査結果があります。

中には症状が見られなくなった人もいます。

治療は花粉飛散期を避けて、その2ヵ月以上前から開始する必要があります。

従って、スギ花粉のシーズンではない、6月から12月がお勧めです。

ちなみに、ダニが原因の通年性アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法では、2015年に錠剤の薬剤が発売されています。

根治治療として期待が大きい「舌下免疫療法」ですが、現在は、12歳未満の小児には適用できません。

小児への適応拡大も検討されていますし、また花粉症の予防効果についても研究が進んでいます。

記事下

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください